朱鷺魅について

ことのはじまり

・・・2002年の夏・・・
外では強い日差しが黒塗りのアスファルトを焼き焦がしていた・・・
相も変らぬ、街中の夏の光景・・・

あるビルの一室で、ある人物が悩んでいた。
夏の祭典を控え、出すものは一応出来ているもの(未完結)のそれを出す方法を決めていなかった。
既に一月足らずという時点で・・・

できれば文庫サイズの本を出したい・・・けれどもオフセット印刷は高い(某印刷所で50ページ30部で350Kオーバー)、といってもコピー誌では文庫のサイズである縦書きA6版のデータを作成するのは非常に厄介である。
というのもA6という用紙は一般には市販されていないし、コピーにはあるはずも無い、A4紙を4分割すればA6であるが、両面に対して4ページ×2のデータを生成するという技がいる。
途中での文書修正や調整のことを考えると、とてもそこらのワープロやテキストエディタでは太刀打ちできない。

そこで男が思いついたのはPostScriptであった。
PostScriptで座標を直接指定することによって文字列を配置し、A4両面に対する8ページ分の文庫サイズデータが作れるのではないかと・・・
ちょうど手元にAdobeのAcrobatがあり、これでPSファイルからPDFを生成すれば何処でも印刷可能

以上の理由により、急遽作成したツールがこの『朱鷺魅』であった。

概要

簡単に言ってしまうと文庫判のコピー誌(正確に言うとプリンタ誌)を手作りするためのデータを作成するという、めちゃめちゃ目的が偏ったツールです(笑)。
もしかするとオフセットで文庫を出す前のテスト出力としてもつかえるかもしれませんが・・・

A4用紙からA6文庫を作るためのデータ(PDFファイル)を生成します。
具体的にはA4用紙を横半分で切り、二つ折りにして重ねるという「平綴じ」のデータを生成します。
また、PC上での閲覧向けの文庫見開きタイプのデータを生成することも出来ます。

perlで記述されており、当方ではFreeBSD付属のperl5.00xとWindowsのActivePerl?で動作を確認しています。
朱鷺魅の独自形式TNF(Tokimi Novel Format)でデータを与えることにより、PDFファイルを出力します。
以下のような機能があります。

  • ほぼフルオートの文字列配置
  • フォントの拡大縮小
  • ルビ配置(配置方法は自動制御)
  • ページ番号出力
  • 簡単ながら禁則処理も一応実装

TNF形式はタグで動作を指定する方式です。
(但し現在の形式は、かなりいい加減な実装しているので記述にかなり戸惑うでしょう)


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-13 (火) 21:33:51 (3866d)