インストール

必要なもの

朱鷺魅を動作させるために必要なものを、以下に列挙します。

  • PDFJ(http://hp1.jonex.ne.jp/~nakajima.yasushi/)
    中島靖さん開発の日本語PDF出力ライブラリです。
    Windows上ではコマンドでインストール出来ないので、perlのライブラリディレクトリに、配布ファイルを解凍して出来たPDFJ.pmとPDFJディレクトリをコピーするか、朱鷺魅でしか使用しないならば、朱鷺魅のlibディレクトリに入れても動作します。
  • Jcode.pm(http://openlab.jp/Jcode/index-j.html)
    日本語コード変換ライブラリです。
    現在のバージョンは特にインストーラは用意されていませんので、そのままperlまたは朱鷺魅のlibディレクトリにJcode.pm及びJcode・UNICODEディレクトリを格納してください。
  • Compress::Zip
    PDFJで使用します。
    PDF圧縮を行わない場合には必要ないのですが、朱鷺魅ではONにしていますので、無い場合にはインストールしてください。
    なお、ActivePerl?には標準で添付されていますので、インストールする必要はありません。
  • Adobe Acrobat Reader
    閲覧及び印刷には必須です。
    Adobeのホームページなどから入手してください。
  • エディタなど
    EUC-JPコードが出力できるエディタなどが必要です。
    現在は読み込み時に内部でEUCに変換する処理を行っていますが、 文字化けしないとも限らないので、出来るだけEUCでファイルを作成してください。

インストール手順

  1. perl準備
    まずperlをインストールしてください。
    Unix系システムなら標準で入っている可能性がありますが、WindowsはActivePerl?などを導入してください。

  2. 配布ファイル展開
    配布されている朱鷺魅の圧縮ファイルを展開してください。
    展開ツールは任意のものを使用してください

  3. Jcode導入
    コード変換ライブラリJcodeを導入してください。
    朱鷺魅でのみ使用するの場合には、Jcodeの配布物を朱鷺魅のlibディレクトリに展開するだけでも動作します。

  4. PDFJ導入
    PDFデータ作成ライブラリであるPDFJを導入してください。
    こちらも朱鷺魅のみで使用するの場合には、libディレクトリにコピーするだけで導入できます。

  5. Compress::Zip導入
    perlの圧縮ライブラリCompress::Zipをインストールしてください。
    Unix系ならCPANから、またはパッケージから導入してください。
    ActivePerl?には最初から導入されていますので、インストールの必要はありません。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-10 (木) 03:00:26 (3874d)